Withus online shop

冬の紫外線対策

冬の紫外線対策

冬は日に焼けないは大間違い?冬も対策が必要なワケとは?

皆さんは、冬の時期でもしっかり紫外線対策を行っていますか?
晴れていても、夏ほど日焼けしなさそうだし、何もしなくても大丈夫!と思ったら落とし穴!
実は、紫外線は年中あなたの肌に降り注いでいるのです。

冬も降り注ぐ紫外線、UV-Aとは?

冬も降り注ぐ紫外線、UV-Aとは?

紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられ、私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つになります。

肌が真っ赤に焼ける、ヒリヒリするなど、いわゆる「日焼け」の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。
日常生活の中で、極力直射日光に当たらない、日傘や帽子、日焼け止めを塗るように心がけることだけで、ある程度防御することができます。
4月から徐々に増え始め、夏の5月から8月がUV-Bのピークです。
10月〜3月と秋冬は比較的少なくなります。

一方、紫外線A波(UV-A)は、波長が長く、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も、日当たりの良い家の中でも対策が必要です。
4月~8月がピークですが、1月の冬でもピーク時の1/2以上の量があります。
更に、シミやしわなどのエイジングダメージにも大きく影響していると言われています。
UV-Bのように急激な影響ではなく、蓄積していくという点が要注意です。

このように、紫外線対策は季節問わず、常に行っておくのが安心なのです。

冬は日差しが弱いと思ったら、要注意

冬は日差しが弱いと思ったら、要注意

陽射し自体は弱くても、冬も紫外線への油断は大敵です。
太陽の位置が、夏は真上から降り注ぎますが、冬は斜め横からの日の差し方が多く、夏は帽子や日傘で防止できてた部分が、冬は全体に当たってしまいます。
紫外線を浴びやすくなるので、夏のようにくっきり日焼け痕というよりは、将来的なエイジングダメージに影響がでる可能性が高いのです。

冬に暖かい日差しは、とても気持ちいので長時間外に居ることも多いかもしれませんが、紫外線対策を忘れずに行いましょう。

ウィンタースポーツは夏の日焼けよりも要注意?!

ウィンタースポーツは夏の日焼けよりも要注意?!

夏のレジャーでは、帽子や日焼け止めを塗るなど対策をバッリしている人は、多いと思いますが、スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツの時も、同じように行っていますか?

紫外線は「光」なので、白い色に反射します。
気象庁によると、新雪の場合、紫外線反射率は80%にも及びます。
他と比較すると、砂浜が約10~25%、アスファルトは10%と雪の上が一番高い数値となっています。

更に、標高が1000m高くなると紫外線は約10%も強くなるといわれています。
白い雪によって反射された紫外線に加え、太陽から浴びる紫外線の両方の影響を受けている冬は、紫外線対策が最も必要になると分かります。

また、目からの紫外線も要注意です。
黒眼は紫外線をおよそ9割も吸収すると言われています。
何もせずにそのまま雪の上にいると、角膜が傷つき、目の痛み、充血を起こしてしまいます。
ウィンタースポーツをする際には、サングラスなど目を守る対策も行うようにしましょう。

冬でも日焼け対策は大切なことはよく理解できたと思います。
しかし、夏に使っていたものと同じ日焼け止めクリームを塗るのは、あまりおすすめしません。

冬の日焼け止めはどんなものを選んで使えばいい?

夏と同じものを使わない方がいいのは、冬は空気が乾燥しているから。
夏の紫外線対策では、SPF、PA値の高いものを意識して購入していたと思います。
ですが、刺激が強いものは肌トラブルの原因にもなり、乾燥からお肌を守るためにも、数値の高さより保湿ケアも伴った乳液タイプのものや、美容液成分の入った日焼け止めがおすすめです。

冬の時期にも使って欲しい、紫外線対策のフリーヴシリーズ

冬の時期にも使って欲しい、紫外線対策のFREUV SUNSCREENシリーズ

紫外線対策もバッチリ、冬の乾燥した時期にも使える日焼け止めでおすすめなのが【FREUV SUNSCREEN】です。
SPF数値50+、PA++++とUV-A、UV-Bの紫外線をしっかりカバーする最強日焼け止め。

しかし、SPF数値が高いと、肌への負担が大きいといわれてきました。
夏も冬も、毎日使う日焼け止めだから、肌に負担がかからないように、フリーヴサンスクリーンは、市販の日焼け止めにもよく含まれているエタノール、パラベン、動物由来成分、紫外線吸収剤、合成香料、合成色素、鉱物油7つのフリーを実現。
肌へのやさしさを追求した安心、安全な日焼け止めになります。

更に、日焼け止めなのに美容成分が57%も配合。
乾燥した冬こそ、寧ろ塗ることでお肌を守る日焼け止めなのです。
また、ウィンタースポーツや冬の外出時にはフリーヴサンスクリーンと一緒にフリーヴサプリメントもおすすめです。
フリーヴの“PLエキス”は、シダ植物由来のナチュラル成分。
紫外線を避けることにより不足するビタミンDも配合されています。
美容にうれしいビタミンC&Eや、ルテイン、リコピンも摂れるので、冬のバリア機能が低下したお肌へ、日焼け止めクリームではカバーできない目への対策にも!

冬も油断せず、しっかり紫外線対策をすることで、いつまでもキレイなお肌を保っていきましょう。

TOP