Withus online shop

痩せやすくなる方法

痩せやすくなる方法

効果的なダイエット方法はコレ!

ダイエットに取り組んでいるのに思うように痩せないことはありませんか。結果が出ないと、痩せやすくなる方法が知りたくなりますよね。このページでは、ダイエットに取り組む前に知っておきたい痩せやすくなる方法を3つの切り口から解説しています。効率よく痩せたい方は参考にしてください。

痩せやすくなる方法を3つご紹介
痩せやすくなる方法として、以下の3つが挙げられます。
基礎代謝をアップ

痩せやすくなる方法として最初に挙げられるのが基礎代謝量のアップです。基礎代謝量とは、生命維持のため消費されるエネルギー代謝量のこと。つまり、生きているだけで消費されるエネルギー代謝量です。何もしなくても消費されるので、基礎代謝量がアップすれば痩せやすくなります。どのようにアップすればよいのでしょうか。 筋肉量を増やす

基礎代謝量に大きな影響を与えるのが、筋肉と脂肪の割合です。基本的に、筋肉が多い人は基礎代謝量も多くなります。痩せやすくなりたい方は、ダイエットに筋トレを取り入れて筋肉量を増やすとよいでしょう。

出典:厚生労働省e-ヘルスネット:基礎代謝量
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-019.html

生活習慣を見直す

生活習慣も、痩せやすくなる方法として見直したいポイントです。特に重要といえるのが食生活の見直しです。エネルギーを摂り過ぎないことはもちろんですが、食べ物のGI値に注目することもポイントといえるでしょう。GI値とは、食品ごとの糖質の吸収度合いを示す値です。GI値が低い食品には以下の働きがあるため、ダイエットに役立つと考えられています。

・血糖値の急上昇を抑える
・糖を脂肪に変えるインスリンの過剰な分泌と脂肪の形成を抑える
・腹持ちが良いので食べ過ぎを予防できる

出典:農林水産省:ごはん食の優位性から食料自給率を考える
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/tokaijikyu/pdf/morikyoujukouen.pdf

GI値の低い食品

GI値の低い食べ物として次のものなどが挙げられます。

・大麦
・大豆
・ピーナツ
・牛乳
・人参
・さつまいも
・グレープフルーツ
・プルーン
・プラム
・いちご

また、一部の食品メーカーなどが、GI値の低い加工食品やお菓子などを開発しています。これらを上手に活用することも、痩せやすくなる方法のひとつといえるでしょう。 柔らかい身体づくり

身体がむくんでダイエット効果を実感しづらい方は、柔らかい身体づくりに取り組むとよいかもしれません。血液やリンパの流れを改善することで、むくみを解消できる可能性があるからです。どのように柔らかい身体を作ればよいのでしょうか。

柔らかい身体づくりとして以下のストレッチがおすすめです。

1.膝を伸ばした状態で床に座る。
2.片方の足を曲げて、足の裏をもう片方の足の太ももの内側に付ける。
3.背筋を伸ばした状態で、上体を前に倒す。
4.両手で伸ばした足のつま先をつかむ。
5.4の状態を5秒間キープする。
6.1~5を5回程度繰り返したあと、反対の足でも行う。

ストレッチ中は呼吸を止めないように意識します。柔らかい体づくりの基本として取り入れてみてはいかがでしょうか。


痩せやすくなるため日々の生活を意識する

痩せやすくなる方法として以上の3つが挙げられます。どれも重要ですが、特に意識したいポイントは食事です。
必要な栄養は摂りつつカロリーは抑えること、GI値を考えて食品を選ぶことなどが重要になります。
低GI食品を活用すれば、いつも通りの食事や間食を摂りつつダイエットに取り組むことが可能です(暴飲暴食などは除きます)。食事制限が苦手な方は注目するとよいかもしれません。例えば、ウィズ・アスが販売しているチョコレートサプリ「魔法のダイエット」を活用してみてはいかがでしょうか。
有名ショコラティエも愛用するプレミアムショコラを使った低GI食品なので、ダイエット中の方が積極的に摂りたいチョコレートといえます。

TOP