Withus online shop

日焼け止めにもなる化粧下地の選び方とは?美容成分にも注目!

日焼け止めは化粧下地に紫外線をカットする効果のあるものを選ぶのがおすすめです。

選び方のポイントや注目したい美容成分などについてご紹介します。
日焼け止めの選び方に悩んでいる方に特におすすめしたいのが、化粧下地ついでに紫外線もカットできるものです。普段と同じくメイクをする中で手軽に紫外線対策ができるので、とても便利です。
ただ、商品によってどれほどの効果は期待できるのかが変わってくるので、選び方のポイントについてご紹介しましょう。

紫外線が肌に与える影響

紫外線にはA波であるUV-Aと、B波であるUV-Bがあり、どちらも肌に悪影響をもたらします。
まず、UV-Aは肌を黒くするもので、肌の奥まで届くのが特徴です。
シワやたるみなども引き起こします。続いてUV-Bは主に肌の浅い部分に悪影響をもたらす紫外線であり、肌の炎症などを引き起こすものです。メラニンを増加させてしまうため、メラニン色素が残るとシミやそばかすにも繋がります。

化粧下地にも使える日焼け止めの選び方

紫外線対策として効果的なのが日焼け止めを塗る方法ですが、化粧下地として使えるものを選ぶと手軽です。
その際、選び方として次のポイントを考慮しておきましょう。

PA+、SPFの高いものが効果的

選び方のポイントとして、PA+、SPFの高いものをおすすめします。
日焼け止めをチェックすると「PA」や「SPF」といったものが記載されていますが、これはどれほど紫外線から肌を守ってくれるのかを表したものなので、数値が高いものを選択しておいたほうが良いです。

まず、PAとは先述したUV-Aから肌を守ってくれる効果を表したもので、「+」が多いほど効果が強くなります。最も強いのは「PA++++」です。

続いてSPFとは、UV-Bから肌を守る効果の強さを示したもののこと。紫外線を浴びてから実際に日焼けしてしまうまでの時間をどれくらい遅らせることができるかを示しています。 一般的には15分~20分で日焼けし始めるため、仮にSPF30の日焼け止めなら300分(5時間)~600分(10時間)まで肌を守ってくれるのです。どちらも重視しましょう。

美容成分配合のものがおすすめ

美容成分が配合されているものなら、紫外線対策をしながら美肌を目指すことができます。
夏場は紫外線だけでなく冷房や汗など、
様々なものが肌に負担を与えるので、夏場の疲れきった肌に美容成分を届けましょう。
肌に潤いを与えるヒアルロン酸や、ビタミン類などが含まれていると理想的です。

化粧下地にもおすすめの日焼け止め

しっかり紫外線対策ができて、なおかつ肌に優しい化粧下地を探しているのなら、
FREUV」がおすすめです。PA++++、SPF50+なのでしっかり肌を守ってくれます。
また、紫外線吸収剤不使用でノンケミカルなのもポイント。紫外線吸収剤が入っている商品は一度肌に紫外線を吸収してから放出するため肌トラブルが起きやすいのですが、紫外線吸収剤不使用なら紫外線を散乱・反射させてダメージから守るので安心です。

また、美容成分が57%も配合されている点も見逃せません。
肌にツヤを与えるマンダリンクリアや皮膚を健やかに保つツボクサエキス、皮膚を保護するダマスクバラ花エキスなど多数の成分が含まれています。

肌の潤い力を高めるヒアルロン酸も含まれているので、肌の土台を整える化粧下地としてもぴったりです。

また、FREUVにはビタミンやルテイン、リコピンが配合されている飲むタイプの日焼け止めもあり、
身体の内側からも紫外線対策ができます。どちらも組み合わせて取り入れてみるのも良いですね。


化粧下地で手軽に紫外線対策

うっかり日焼け止めを塗り忘れて外出してしまったとしても、
化粧下地で対策ができていれば安心です。
メイクついでに紫外線対策ができるので、紫外線量の多い夏場だけでなく、1年を通した対策もしやすくなります。

効果の高いものなら紫外線の強い日でもしっかり肌を守ってくれるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

TOP