Withus online shop

スッキリしない便秘の悩みは、ビフィズス菌で解決!

スッキリしない便秘の悩みは、ビフィズス菌で解決!

何日も便が出ずにお腹がすっきりしない。出ないことでぽっこりお腹が張って苦しい、ガスが溜まって辛い、トイレに行っても出ないあのイライラを早く何とかしたい! そもそも何で便秘になってしまうのか。それは日々の生活習慣が関係していたのです!毎日の自分の生活を見直して、スッキリしちゃいましょう。 !

便秘になってしまう原因は?

便秘の主な症状としては、3日以上排便がない、量が少ない、硬い、強くいきまないと出ない、残便感などがあります。
大半の原因は大腸の機能低下によるもの。主に3つの種類に分かれています。

・弛緩性便秘
腸の運動、筋力の低下が原因。便を押し出す運動が行われない理由から、便がたまり、だんだんと水分がなくなっていき、カチカチに硬くなってしまう。

・痙攣性便秘
腸の運動が緊張し、滞留してしまい便がうまく運ばれない。精神的ストレスが主な原因。

・直腸性便秘
便が直腸に到達しても排便のサインが起こらず、便が排泄されず、便意も起こらなくなります。排便を我慢、トイレに行く時間がない人に多い。

便秘に伴う症状
便秘が続くと、どんな体の変化が起こるでしょうか。

・お腹のハリ
多くの人が便秘になった時に感じるお腹のハリ感。
便秘により、腸内に悪玉菌がどんどん増え、お腹にガスが溜まっていく。その為見た目にもパンパンに張って、苦しい状態が続くことになります。

・肌荒れ、ニキビ
実は腸とお肌は関連していて、便秘により腸内に腐敗物が溜まっていくと、体内に吸収されて毒素が出ることで、肌荒れ、ニキビの原因に。

・食欲不振
お腹に便が溜まっていることで、腸全体の働きが悪くなって、食欲がなくなってしまいます。

さらに、便が出ないことによるストレス、硬いのを力んだ影響で痔になってしまうことも。
便秘はさまざまな症状を全身に引き起こすリスクがあるのです。
便秘にならない生活習慣を!
便秘の原因は主に大腸、つまり大腸を健康な状態にしておけば便秘も解消されるということです。
どのようなことに気を付けていけばいいのかを、ご紹介いたします。

運動不足
日頃から体を動かさない、デスクワークで座っている時間が長い方は要注意。 便秘に一番関わる筋力、腹筋が衰えてしまうと便を出す力が弱くなってしまいます。 腹筋を鍛えることにより、腹部の血行促進、胃腸の働きをよくし、腸に刺激を与えることで排便を促してくれます。 適度な運動を心がけましょう。

過剰なダイエット
無理な食事制限によるダイエットや、偏った食生活の乱れは便秘につながります。 食べるものが便に変わることから、食事量が減ると、その分量も減ってしまいます。 すると、排便の習慣がなくなり、便秘になってしまいます。 また、便が腸に長くとどまると、余分に栄養が吸収されていきます。 すると、ダイエット目的で食事制限をしていても、反対に太ってしまう恐れもあるのです。 このように、無理なダイエットやバランスの悪い食生活は健康のためにも良くありません。

ストレス
腸はストレスを最も敏感に感じやすい器官です。 不安や緊張感を感じると、お腹を壊しやすい人はこれが原因。 強いストレスを感じると、便秘につながる恐れがあるのです。 ストレスを溜めない、ストレス発散を日々心掛けましょう。 また、精神的なストレスのほかにも、肉体的なストレスにも要注意。 長時間のデスクワークや立ちっぱなしで仕事をしている方は、体がストレスを感じてる可能性があるので気を付けましょう。

便意を我慢する
忙しい時など、ついトイレを我慢してしまうことはありませんか? このように便意を我慢すると、体は便を溜め込むことにどんどん慣れていってしまいます。すると、自然な形で排便することが難しくなってしまうのです。 なるべく便意を感じたらすぐにトイレに行くようにしましょう。

これらに気を付けた上で、更に便秘解消になる方法は?!

腸内環境を整えた食生活を送ること 腸内環境が整っていると、便の状態も良くなります。 その方法として、「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が含まれているヨーグルトなどの乳製品や、納豆やキムチなどの発酵食品を取るといいとよく聞いたことがあると思います。 これらの食事を摂取し続けてきれいな腸内フローラにしていきたいですが、人間は年を重ねるごとに腸内の善玉菌が減ってしまいます。 特に、大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌となっています。 便通改善にも、積極的に取るべきものは「ビフィズス菌」なのです。

でも、毎日乳酸菌や発酵食品を食べ続けるのは難しい・・・という方には 魔法のダイエットプレミアムシリーズがおすすめです。 砂糖不使用、低GIのチョコレートにプラス、あの森永乳業が研究・開発・特許を取得したダイエット効果があると認められたビフィズス菌「ビースリー®EX」をなんと1袋あたり500億個も配合。1粒だとカップヨーグルト2個分のビフィズス菌が配合されています。 チョコレートだから、忙しい朝でも、オフィスにいても、夕飯前でも気軽にビフィズス菌を摂取することができます。

便秘になるとお腹のハリが辛くて、それだけでストレスですよね。 これらを参考にスッキリとした毎日が過ごせるよう工夫していきましょう!

TOP