Withus online shop

ビフィズス菌について

メインイメージ

カラダに良い菌を積極的に食事から取り入れる“菌活”や腸内環境を整えて健康なカラダを手にいれる“腸活”。テレビや雑誌でも話題になっていますよね。 中でもよく耳にする乳酸菌やビフィズス菌、なんとなく「カラダにいい」とは知っているけれど、一体なぜ、いいのかははっきり分からない人も多いはず。 そこで、今までなんとなく摂っていた乳酸菌、ビフィズス菌の特徴を知って、美しい腸を手に入れよう!

腸内フローラとは?

私たち一人ひとりの腸には100兆個、300種類もの腸内細菌が住みついています。重さにすると約1.5kgにもなります。その様子がまるでお花畑のように見えるので、「腸内フローラ」と呼ばれています。また、腸内フローラは一人ひとりで異なっており、同じ腸内フローラを持つ人間はほかに存在しないとされています。

腸内細菌には大きく分けて、「善玉菌」「悪玉菌」と、そのどちらでもない「日和見菌」があり、乳酸菌やビフィズス菌などに代表される善玉菌は、腸を若々しく健康な状態に保つ働きをしてくれます。さらに善玉菌には、感染症予防、ビタミンやたんぱく質の合成、免疫力の向上、発がん物質の生成を抑制などの働きもあります。 大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌は、たんぱく質を分解して便やおならの悪臭のもととなる腐敗物質をつくります。便秘で腸に便が停滞すると、この悪玉菌が増殖して、腸の老化が促進されるばかりか、腸の病気を招きやすくなると言われています。 日和見菌は中間的な菌で、腸内で善玉菌が優勢の場合は善玉菌の味方となり、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌を応援し、悪玉菌を増やしてしまいます。

では、日和見菌全てを味方につけて、善玉菌100%にすればいいのでは?!と思いますよね。 腸の中の善玉菌と悪玉菌の割合は、2:1、善玉菌は全体の20%で、悪玉菌は10%、日和見菌は全体の70%になります。

このバランスが崩ずれ、悪玉菌が全くいなくなると、逆に善玉菌は働かなくなってしまいます。なぜなら善玉菌が働かなくなってしまうと、食べ物の消化・吸収が上手くいかなくなり、健康に必要な栄養分が吸収できなくなってしまいます。

年齢によって腸内環境が変わる?

年齢によって腸内環境が変わる? 生まれたばかりの赤ちゃんの腸には、善玉菌だけで悪玉菌が全くいません。 母乳を飲んだり、抱っこされたりとお母さんと触れ合う中で、悪玉菌を貰い、赤ちゃんは初めて、外からの侵入を知り、免疫力を獲得するのです。 そして出来上がった腸内フローラは、そのまま生涯変わることなく自分だけの腸になるのです。

そのため、健康な状態なら腸内フローラは大きく変わることはないのですが、年齢を重ねていくと、バランスは徐々に変化していきます。生まれてまもない乳児のときには、善玉菌が95%以上を占めていますが、成人になると15~20%になり、老年になると数%にまで減っていってしまいます。 また、年齢に限らず偏った食事やストレスが原因で、腸内フローラはバランスを崩してしまいます。

いつまでも健康的な腸内環境を保っていたい。 では、どうすれば善玉菌を増やすことができるのでしょうか?

善玉菌を増やすには?

私たちの腸内にいる善玉菌の代表といえば、乳酸菌とビフィズス菌です。 実は大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌なのです! さらに、菌がカラダの中でつくりだす成分に注目。 乳酸菌は「乳酸」だけをつくりだすのに対し、ビフィズス菌は「乳酸」と「酢酸」と2つもつられるのです。この「酢酸」はとても重要で、より強い殺菌力で悪玉菌を減らす効果があります。
そのため、乳酸菌よりもビフィズス菌の方が人の体への影響が大きいと考えられています。 乳酸菌、ビフィズス菌を積極的に摂りましょう!と聞いてなんとなく摂取していた方、善玉菌増やす理由と、乳酸菌はもちろんですが、積極的にビフィズス菌を増やすのが大切という理由が分かったと思います。
では、どうすればビフィズス菌ってどうすれば摂れるのでしょうか?

年齢によって腸内環境が変わる?

ビフィズス菌を増やすには、和食生活が大切 善玉菌の栄養源になるのが、食物繊維やオリゴ糖、基本的には和食になります。
これらを多く含む食品をとることを心がけましょう。

①食物繊維を多く含む食材の一例
野菜(ごぼう、キャベツ、れんこん、オクラ、モロヘイヤ)
豆類(大豆、ミックスビーンズ、白いんげん豆)
きのこ類(しめじ、生しいたけ、エリンギ、えのきだけ)
海藻・乾物(芽ひじき、焼きのり、切り干し大根、干ししいたけ、切昆布)

②発酵食品
キムチ、納豆、ヨーグルトなど

③オリゴ糖を多く含む食材
玉ねぎ、にんにく、ごぼう、はつみつ、大豆

④糖アルコール
りんご、にんじん、昆布

逆に、お肉や脂っこいものが好きな人は、悪玉菌が増殖して善玉菌が減るので、要注意です。 毎日の食事で摂るのは難しい、という方はサプリメントもおすすめです。 これらの食事をバランスよく取ることと、生活習慣に気を付けて腸内フローラを整えましょう。

TOP