Withus online shop

チョコレートダイエット

メインイメージ

ダイエット中に我慢しなければいけない食べ物No.1といえば甘い物! ついつい仕事の合間、おやつの時間に食べたくなっては「やめておこう・・・」と辛いですよね。でも、このストレスの積み重ねがダイエットの敵。そんな時はぜひ、チョコレートを食べて下さい。 「チョコレートってダイエット中1番NGでは?」 実は、寧ろ食べた方がいいメリットがたくさんあるのです。

カカオとは?

カカオ豆はチョコレートの原料に使用されており、中には様々な成分が含まれています。

カカオ豆に含まれる主な成分
・カカオポリフェノール・タンパク質・食物繊維・アミノ酸・ミネラル類・ビタミン・テオブロミン

中でもポリフェノールは様々な種類があり、赤ワインに含まれているのは有名ですが、カカオポリフェノールには、肌老化と言われるくすみ、シワ、たるみ、乾燥を引き起こすと言われている活性酸素を除去する抗酸化作用があります。 また、ストレスを緩和する作用も言われています。 この効果が赤ワインの倍以上チョコレートに含まれていることから、寧ろ食べた方が女性にとっては嬉しいことばかりなのです。 チョコレートでダイエットは本当?! カカオ豆に含まれる成分は、ポリフェノールの他にも様々な理由からダイエットに効果的なのです!

むくみ改善

チョコレートに含まれるテオブロミンは、血流を良くする作用があり、血行不良による冷え性やむくみに効果的と言えます。

食欲抑制

食事を無理に我慢することで常にお腹が空く、食べ物のことばかり考えてしまっていませんか?これは血糖値が急激に下がっている証拠。 結果、耐えきれず食べてしまいダイエットが続かない原因に。長く継続していくには、血糖値を下げすぎないこと! そこで、チョコレートがおすすめです。

チョコレートの原材料カカオには、満腹中枢を刺激する作用があるのと、空腹状態でいきなり食事をすると、血糖値の急上昇、急降下で「あんなにたくさん食べたのに、もうお腹がすいた」という結果、食べ過ぎてしまう原因に。 そこで、食事の前に、チョコレート1粒くらいを食べることにより、緩やかに血糖値が上がることで、食べ過ぎ防止につながります。 「どうしてもお腹が空いた」という時の間食にもチョコレートはおすすめですが、1度に食べるより何回かに分けてこまめに食べるのがおすすめです。

便秘解消

カカオには食物繊維が含まれています。食物繊維は消化液で分解されずに、そのまま腸まで届きます。そのため、便秘を効果的に解消、さらに予防してくれるのです。

ストレス解消

チョコレートには、セロトニンの元になる物質のトリプトファンが含まれています。セロトニンは、気持ちの不安を取り除く、気分の低下を防ぐ効果があるのです。

脂肪燃焼効果

ポリフェノールが活性酸素を分解することにより細胞が若返ります。 それによって内臓の働きも元気になり代謝もアップし、脂肪燃焼にも大きく影響していきます。太りにくい体質を作りながらダイエットすることができるということです。 これらの通り、チョコレートはダイエット中に食べてもいい、寧ろ取ることでダイエットに効果的というのが分かったと思います。 では、更にチョコレートでダイエット効果が高まる方法を教えちゃいます!

1日どれぐらい食べていいの?

チョコレートを1日に食べる量の目安は50gを目安に摂取しましょう。板チョコなら半分程度、ひとくちタイプのチョコレートなら4粒程度になります。食事の前、仕事のほっと一息や、おやつの時間などに、チョコレートを食べるときはゆっくり味わって食べましょう。

どんなチョコレートを選べばい?

チョコレートでダイエットができるとお伝えしておりますが、スーパーやコンビニ、ネット通販でも様々なチョコレートが売っていますが、よりダイエット効果の高いものは カカオ含有量が高いものを選ぶことが大切です。どこにでも売っているチョコレートは、白砂糖や生クリームがたっぷり入った高カロリーのものもあります。そのため、食べ過ぎると肥満につながる可能性があるのです。なるべくカロリーが低いチョコレートや、白砂糖を使っていないノンシュガーのチョコレートもおすすめです。パッケージの裏などに書かれているので、よくチェックして購入しましょう。

TOP